お問い合わせはこちら、072-785-7123

〒664-0028 兵庫県伊丹市西野2-23

伊丹市の内科・循環器科|バセドウ病・胃潰瘍・高血圧・不整脈・脂肪肝

トップページ診療時間・地図院長紹介医院紹介

肝臓疾患

Mobile Site
トップページ»  肝臓疾患

肝臓疾患について

肝臓疾患について

肝臓疾患には、急性・慢性肝炎(ウイルス性慢性肝炎としてA型、B型、C型などの慢性肝炎、その他の原因による慢性肝炎)、薬剤性肝炎、自己免疫性肝障害(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎)、肝硬変、脂肪肝、肝臓腫瘍(肝臓癌、血管腫などの良性腫瘍)などがあり、その種類は多種多様に及びます。

B型慢性肝炎とC型慢性肝炎

B型慢性肝炎とC型慢性肝炎

健康診断などで肝障害を指摘された場合、B型やC型の肝炎ウイルス検査(採血検査)を受けます。検査費用は年齢制限などの条件がありますが、住所地の市町村や兵庫県在住なら県の肝炎検診事業の適応を受ければ無料です(詳しくは受診した医療機関でお問合せ下さい)。
もしB型やC型肝炎ウイルスが陽性ならば、肝臓病専門医の許で肝機能障害の程度(病気の進行具合)を把握するための検査(血液検査、腹部エコーやCT検査など)を受けます。
これにより各患者様にあった最善の治療方法が決定されることになります。
具体的には、IFN(インターフェロン)注射療法(原則1回/週)や内服薬療法(リバビリン、エンテカビルなど)を単独あるいは併用しての治療となりますが、治療による副作用の程度も考慮しながら投与期間は決められます(半年から1年間)。
当院では、肝炎ウイルス検査などをお受けいただき必要に応じて肝臓病専門医を紹介しております。
治療方針決定後の治療継続(IFN注射続行や内服薬投与など)も専門医よりの逆紹介に基づき実施しております。
また、肝庇護療法としての強力ミノファーゲンCの定期注射も行っております。血液検査や腹部エコーによる定期的な肝臓チェックは当院で実施可能ですが、CTやMRI検査は他院に依頼しております。

その他の肝臓疾患

専門医療機関と密接に連携して治療を継続します。

Page Topへ戻る