お問い合わせはこちら、072-785-7123

〒664-0028 兵庫県伊丹市西野2-23

伊丹市の内科・循環器科|バセドウ病・胃潰瘍・高血圧・不整脈・脂肪肝

トップページ診療時間・地図院長紹介医院紹介

ニコチン依存症

トップページ»  ニコチン依存症
Mobile Site

ニコチン依存症(禁煙外来の治療概要 保険適用) について

喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気と捉え、禁煙を達成するまでの必要な治療をお受けいただくのが目的です。健康保険を使った治療には、直ちに禁煙する意思があること、ニコチン依存症と診断できること、一日喫煙本数×喫煙年数が200以上、禁煙治療に文書で同意していること、の4つの条件を満たすことが必要です。実際には、治療開始前に、上記4つの条件の確認を問診表にて行い、禁煙開始日を決定します。

禁煙外来では、①診察②呼気一酸化炭素濃度測定③禁煙に向けたアドバイス④希望により、禁煙補助薬の処方を行います。

初診に加え、再診を禁煙開始2週後、4週後、8週後、12週後の4回受け、合計5回の来院治療で終了となります。禁煙外来の費用は、総額としてニコチン依存症管理料(初診 2,300円、再診1~3回目 1,840円、再診4回目 1,800円)に、薬剤を希望された場合は処方箋料(約 750円)+薬剤費(ニコチネルの場合大のサイズ14日分で約 6,000円、チャンピックスは常用量14日分で約   円)が必要ですが、保険適用されるので、前記の0割から3割が自己負担額となります。ただし現在治療中の病気診療に要する費用などが別にかかります。
禁煙補助薬には、ニコチネルTTS(貼付薬)とニコレット(ガム)、チャンピックス(内服薬)があり、禁煙後の離脱症状を抑え禁煙を助けてくれます。ニコチネルTTSは、当院発行の処方箋を持って調剤薬局で一部負担金を支払い受取ります。1日1枚の割で胴体部に貼り付けますが、貼付薬のサイズは大より小へ順番に3段階切り替えて使用します(大は4週間、中・小は順に2週間ずつ合計8週間貼り付けます)。ニコレット(ガム)は、薬局や薬店で処方箋なしで購入できますが、全額自己負担で、タバコを吸いたくなった時に、ゆっくりと噛みます。チャンピックスは、少量内服より開始して薬に体を慣らしながら、内服1週後よりで常用量(規定量)を服薬するようになります。(内服期間は最長12週間です。)ニコチネル同様に処方箋を持って、調剤薬局で一部負担金を支払い、薬を受け取ります。体を慣らすのに1週間を要しますので、この間は少量の本数の喫煙と並行して服薬し、1週後より完全禁煙します。治療薬をニコチネルとするかチャンピックスとするかは(薬は必ずどちらか一方となります)、ご希望により選択いただけます。

Page Topへ戻る